謝謝! 韻韻

区切り位置を変える

目次

  1. 概要
  2. 区切りの無い例
  3. 二分割に区切る例
  4. 三分割に区切る例
  5. まとめ

概要

韻の選択肢を拡げるテクニックとして、“言葉の区切り”を変えながらサーチするのも有効である。

意味上の区切りを何音目に入れるか――という位置をフレーズ間で変えることにより、単調さを避けられる。
このように区切りの変化を付けた韻は“変動分割ライム”と呼ぶ。
逆に同じ位置で区切るものは“固定分割ライム”と呼び、鋳型ライムの一種である。


区切りの無い例

パターン毎に実例を挙げていく。

まずは、区切りの無いパターン
下記は、いずれも「IIUUI」の五音でワンフレーズとして構成されている。

フレーズ 区切り 母音パターン 母音数
引き続き ひきつづき IIUUI 5
生き写し いきうつし IIUUI 5
秘密主義 ひみつしゅぎ IIUUI (※1) 5
リーグ首位 りーぐしゅい IIUUI (※1) 5
七福神 しちふくじ(ん) IIUUI (※2) 5
ビフィズス菌 びふぃずすき(ん) IIUUI (※1、※2) 5
息苦しい いきぐるし(い) IIUUI (※3) 5

区切りの無い言葉は特殊なケース。
発掘力のみに依存するため調達コストが大きく、こうしたフレーズ同士のライミングには特有の価値がある。
区切り位置の重複による単調さというデメリット以上に、その希少性から大きな魅力を感じられることが多い。

※1 複合語もワンフレーズ扱いで通用するものは区切り無しとして扱っている
※2 リズム合わせとしては末尾に「ん」の余る単語途中ライムだが、「IIUUI」の母音合わせは成立している
※3 リズム合わせとしては末尾に「ー」の余る単語途中ライムだが、「IIUUI」の母音合わせは成立している


二分割に区切る例

下記も「IIUUI」の五音で構成される母音ライムのフレーズ群である。

ただし、区切り位置を一音目、二音目、三音目、四音目と変化させている。
区切りは一箇所のみで、二分割パターンとなっている。

フレーズ 区切り 母音パターン 母音数
に胃薬 に/いぐすり I/IUUI 1/4
道つくり みち/つくり II/UUI 2/3
満ちる月 みちる/つき IIU/UI 3/2
ひきずる身 ひきずる/み IIUU/I 4/1

たとえば次のようなフレーズをペアにした場合、区切り位置が同じため単調さを感じる場合がある。

フレーズ 区切り 母音パターン 母音数
道つくり みち/つくり II/UUI 2/3
四季うつり しき/うつり II/UUI 2/3
フレーズ 区切り 母音パターン 母音数
満ちる月 みちる/つき IIU/UI 3/2
規律無視 きりつ/むし IIU/UI 3/2

ここでの単調さとは音響上の話ではなく、フレーズの構造を認識したときに起こる論理的なものである。

また、読者が(無意識に)先読みする韻は、短時間で実行できる“同じ区切りでのサーチ”になりやすい。
そのため、区切りの変化に意識を払わない韻は、読者の予測範囲内に収まってしまう傾向がある。


三分割に区切る例

二箇所で区切る例としては、たとえば下記のようなパターンが挙げられる。

フレーズ 区切り 母音パターン 母音数
木に結び き/に/むすび I/I/UUI 1/1/3
日出ずる地 ひ/いずる/ち I/IUU/I 1/3/1
じき来る日 じき/くる/ひ II/UU/I 2/2/1

まとめ

区切り位置については以下のようにいえる。

なお“基本的に”と書いたのは、あえて演出上の狙いから鋳型ライムを用いるなど、例外もあるためである。


履歴

日付 内容
2016.11.25 新規作成
2018.10.16 公開用に清書
2019.7.19 表記を統一

韻韻

from 韻韻

韻/韻