謝謝! 韻韻

母音数のカウント例

目次

  1. 概要
  2. カウント例
  3. 補足1 リズム合わせの要素を取り除く
  4. 補足2 長音は音便化した発音レイヤーで判定
  5. 補足3 発音省略によるカウント除外
  6. 補足4 リズム部分一致はリズム不一致に含める

概要

前回の記事「母音ライムの長さを測る」の続き。

リズム合わせを行う場合は、“撥音「ん」の位置”“促音「っ」の位置”“長音「ー」の位置”を合わせる。

一方、リズム合わせをしない韻(リズム不一致の母音ライム・子音ライム等)では、それらの登場位置を無視してよい。
別の言い方をすると、フレーズから“撥音”“促音”“長音”をすべて取り去った状態で、母音や子音の並びが一致すればよい。

なお、本稿で示すのは個人的な母音カウント方法である。
特に発音省略に関する部分など、大きく好みの分かれる部分があると思われる。


カウント例

素材フレーズ リズム無視 母音パターン 母音数 備考
ラップアンドビーツ ラ(ッ)(プ)ア(ン)ドビ(ー)(ツ) AAOI 4 ※2
チャックザジッパー チャ(ッ)(ク)ザジ(ッ)パ(ー) AAIA 4 ※2
オオサンショウウオ オ(オ)サ(ン)ショ(ウ)(ウ)オ OAOO 4 ※1
メイドインジャパン メ(イ)ドイ(ン)ジャパ(ン) EOIAA 5 ※1
二酸化炭素 にさ(ん)かた(ん)そ IAAAO 5  
デミグラスソース デミグラスソ(ー)(ス) EIUAUO 6 ※2
はじめの一歩 はじめのい(っ)ぽ AIEOIO 6  
コンクリートジャングル コ(ン)クリ(ー)トジャ(ン)グル OUIOAO 6  
ドーナツ化現象 ド(ー)ナツかげ(ん)しょ(う) OAUAEO 6 ※1
スタジオジブリ スタジオジブリ UAIOIUI 7  
8mileは遠すぎる エ(イ)トマイ(ル)はと(お)すぎ(る) EOAIAOUI 8 ※1 ※2
大正デモクラシー たいしょ(う)デモクラシ(ー) AIOEOUAI 8 ※1

補足1 リズム合わせの要素を取り除く

“撥音”“促音”“長音”が含まれる場合、それらを取り去った状態で、母音が登場する個数に着目して“1母音”という数え方をする。
上記で取り去った三種類の音は母音を持っていないと解釈する。

表では「スタジオジブリ」以外のすべてのフレーズが該当する。


補足2 長音は音便化した発音レイヤーで判定

音便化により「メイド」から「メード」「たいしょう」から「たいしょー」のように表記と異なる発音に変わる場合、発音レイヤーで長音かどうかを判定している。
また「コンクリートジャングル」「グル」を、「ゴー」と変化させた結果、「OUIOAUU」ではなく「OUIOAO」としている。
このように音便化やリンキング、外来語の導入などによって変化が発生するところは、発音段階での母音に準じてカウントした。

上記表では※1のフレーズが該当。


補足3 発音省略によるカウント除外

ちなみに、ここでは“撥音”“促音”“長音”の差異を無視するだけでなく、無声音、発音が弱い部分もカウントから除外している。

たとえば「ラップアンドビーツ」「プ」が該当。
母音合わせの観点では、表記母音「U」の省略といえる。
子音と母音に分解した場合、「P」は後続する「A」とリンキングして「パ」に発音変化しているとも考えられる。
(すなわち「ラッパンドビーツ」と発音するイメージ)

ビーツの「ツ」、チャックの「ク」、ソースの「ス」、マイルの「ル」、遠すぎるの「る」なども同様。
英語でいうと、単語が“子音+母音”でなく“子音”で終わっている場合、このように扱われやすい傾向がある。

またオオサンショウウオの後ろ側の「ウ」については、「オ」に変化して吸収されるわけではないが、アタックの弱い音であるためカウントしなかった。

上記表では※2のフレーズが該当。


補足4 リズム部分一致はリズム不一致に含める

リズムを考慮せずに母音の並びだけを数えると上記のようになる。
しかし、実際に韻を踏む時は「大正」「AIOまで合わせているフレーズも多い。

ここで述べているリズム不一致の定義は“撥音、促音、長音が一度でも同じ位置に登場してはいけない”というものではなく、“少なくとも一箇所の不一致が含まれる”といったほうが正確である。(リズム完全一致を除くすべての韻がリズム不一致)

さらにいえば、三回以上の連打について述べる場合は、どの二つを取り出してもリズム一致している場合にのみ、リズム一致の連打ライムと呼ぶべきだろう。


履歴

日付 内容
2018.1.22 新規作成
2018.11.14 公開用に清書
2019.7.19 表記を統一

韻韻

from 韻韻

母音数カウントだかボーイスカウトだか知らねえが...(リズム不一致)