謝謝! 韻韻

音便化に伴う母音不一致

目次

  1. 概要
  2. 前提
  3. 例:「才色兼備」と「内蔵電池」の母音合わせ
  4. 表記上の母音不一致を発音の工夫で解消する

概要

前回の記事「母音数のカウント例」の補足。
子音保有音と母音単音による母音合わせについて述べる。


前提

説明の便宜上、以下のような二つの用語を定義する。

名称 定義
子音保有音 子音と母音で構成される音 「か」(KA)「さ」(SA)など
※KやSが子音にあたる
母音単音 母音だけで構成される音 「あ」(A)「い」(I)など

なお子音(consonant)をC、母音(vowel)をVと略記することがある。
記号で表す場合、子音保有音は“CV”、母音単音は“V”で表される。


例:「才色兼備」と「内蔵電池」の母音合わせ

フレーズ ふりがな 表記母音 発音母音 母音数
才色兼備 さいしょけんび AIOUE(ん)I AIOUE(ん)I 6
内蔵電池 ないぞでんち AIOUE(ん)I AIO(ー)E(ん)I 5

上記例の4音目において、子音保有音「く」と母音単音「う」を母音一致と判定するのは表記に依存した判定といえる。
発音時には、母音単音「う」が長音に変化するため母音不一致となる。

「内蔵電池」は、子音保有音「ぞ」と母音単音「う」の部分が音便化により「ぞー」と変化するため、母音パターンは「AIO(ー)E(ん)I」となる。
一方「才色兼備」の同位置を見ると、子音保有音「しょ」と子音保有音「く」の部分に音便化は起こらず、「AIOUE(ん)I」のままである。

このような音便化は「ぞう」など“CV+V”の並びで生じ、“CV+CV”では生じにくい。
(「ぞう」「ぞー」に変わるが、「しょく」「しょー」などに変わらない)

「AIO(ー)E(ん)I」「AIOUE(ん)I」の母音ライムは(発音で判定すれば)母音不一致といえる。


表記上の母音不一致を発音の工夫で解消する

この例を音源のライミングとして成立させるには以下のような方法がある。

「才色兼備」を発音する段階で、吸収や音量調節などにより「く」の発音を省略し、「さいしょっけんび」のような状態にする。
その結果、「ないぞ(ー)でんち」(長音の無視)、「さいしょ(っ)けんび」(促音の無視)のペアとなり、リズム不一致型の母音ライム「AIOE(ん)I」として成立させられる。

フレーズ 発音変化後 発音母音 母音数
才色兼備 さいしょけんび AIO(っ)E(ん)I 5
内蔵電池 ないぞでんち AIO(ー)E(ん)I 5

なお、この例「AIOE(ん)I」における「ん」は同じ位置に登場しているので一致パターンに含めているが、三フレーズ目以降に「ん」無視のフレーズを追加する場合、全体を「AIOEI」として扱う。


履歴

日付 内容
2018.1.22 新規作成
2018.11.20 公開用に清書
2019.7.19 表記を統一

韻韻

from 韻韻

菜食だし芋けんぴも好きだよ