謝謝! 韻韻

スプリットライムと馴染ませ

目次

  1. 概要
  2. スプリットライム
  3. 馴染ませ
  4. 馴染ませの分類
  5. スプリットライムの連打
  6. 繋ぎグランプリ

概要

発掘力と編集力に関連し、特に編集力が問われるケースを取り上げる。


スプリットライム

ライムフレーズが主に“音の類似”で選択されており、“意味の関連性”に乏しいものをスプリットライムという。
いうなれば意味一致率の低い韻である。

これは意味の同じ言葉や真逆の言葉で韻を踏む“シンクロライム”とは対照的な存在。
自然な文章に整える難易度が高く、失敗すれば意味の破綻が生じる。
そのため、取り扱いに注意が必要である。

固有名詞と固有名詞などの両面素材ライムを踏んだ場合にもスプリットライムが生じやすい。


馴染ませ

スプリットライムの構成フレーズ同士を自然に接続することを“馴染ませる”という。

音の類似した単語を列挙するだけでは、単なる発掘力の競争から脱却できていない。
スプリットライムを採用する場合、意味をきちんと馴染ませることが必須要件となる。

また、“繋ぎ”の言葉を用いずに追加フレーズで馴染ませた韻を“ブリッジライム”と呼ぶ。

馴染ませにはいくつかの手法があり、以下でその一例を挙げる。


馴染ませの分類

なお、これらは2フレーズ構成を想定した分類である。
3フレーズ以上からなるスプリットライムはひとまず無視して進める。


スプリットライムの連打

artificial flower」のようにスプリットライムを多用すると、寄せ集め感や借り物感の強い文章になる。
音の関連性だけを接点に、意味がバラバラの単語を集めることになるため、まとまりのない印象を感じさせやすい。
別記事「ナチュラルライムとシンクロライム」に掲載している人名連打の例も合わせて参照。

これはポジティブにいえば、“思いも寄らない単語が飛び出してくる面白さ”ともいえる。
たとえば即興で韻を競い合うような競技では、この多様性がプラスに作用する。
しかし、ひとつの楽曲やストーリーとして見たとき、これらを自然な文章に束ねていくのは困難である。

また極端に連打回数が多いときも、意味の遠いフレーズを採用してしまう傾向があり、スプリットライムが生じやすくなる。
大正デモクラシー」や「競作スタジオジブリ」を参照。

そのほか、固有名詞を使った韻の特性については固有名詞ライムと知名度を参照。


繋ぎグランプリ

スプリットライムをお題として提示し、“それらを自然に結び付けるには、どのような繋ぎ方があるか”を考える遊びを繋ぎグランプリという。
このゲームは編集力を競う目的で行われる。

繋ぎグランプリについては別記事であらためて解説予定。


履歴

日付 内容
2017.10.10 新規作成
2017.10.13 スプリットライムの連打について追記
2018.12.11 公開用に清書

韻韻

from 韻韻

リップスライムとスプリットライム...