謝謝! 韻韻

韻の一致ファクター

目次

  1. 概要
  2. 三大ファクター
  3. 子音合わせについての補足
  4. リズム合わせについての補足

概要

フレーズ間で“何を合わせたか”という観点でライミング手法を分類する。


三大ファクター

名称 定義
母音合わせ 母音を保有する位置で、母音不一致が生じないこと
子音合わせ 子音を保有する位置で、子音不一致が生じないこと
リズム合わせ 音数が一致すること
また撥音・促音・長音を別個に扱い、他の音による代用をしないこと

この他にも“音程”など検討の余地はあるが、現時点では上記を韻の一致における三大ファクターとして扱う。


子音合わせについての補足

「あ」「い」のように、ローマ字表記において母音のみで構成され、子音を伴わない音を“母音単音”と定義する。
このような母音単音が含まれる韻については、“同位置における母音単音同士での一致”を必要とする。
便宜上、これも子音合わせを満たす要件とする。

詳細は“仮想子音”として別の機会に解説する。


リズム合わせについての補足

母音合わせや子音合わせとは独立した指標。
具体的には音数および“撥音「ん」の位置”“促音「っ」の位置”“長音「ー」の位置”を合わせる。
これに抵触する場合、たとえば「ん」「う」で代用するような踏み方はリズム不一致となる。


履歴

日付 内容
2017.6.7 新規作成
2019.1.2 公開用に清書
2019.1.8 母音単音、子音保有音の説明を修正
2019.1.9 リズム合わせの説明を修正

韻韻

from 韻韻

「韻韻」は「○ン○ン」でリズム合わせできるんだね