謝謝! 韻韻

固有名詞ライムと知名度

目次

  1. 概要
  2. 固有名詞ライムの実例
  3. 作者の知識の制約
  4. 読者の知識の制約
  5. 知名度の匙加減

概要

今回は“固有名詞ライム”をテーマに、“韻の認識しやすさ”“個性的な韻”について考える。
優れた韻の条件」の五要素でいえば、いかに“明瞭性”を犠牲にせず“独創性”を出せるか、という話になる。

なお以下の節では、説明の都合上、“韻を考える人”を“作者”、“韻を観賞する人”を“読者”と呼ぶ。
(ラップなどの音源における韻を含む)


固有名詞ライムの実例

じき夏が来るわ 大黒摩季
飽く迄教誨 ポール・ドハティー
おれ ダーツの矢ごと撃ち抜く ゴルゴ13
人生は粗悪な ポルノグラフィティ
SIX

四連打の例。
第二句まで母音一致とリズム一致。
第三句は母音一致。
第四句は発音依存の母音一致。

今回は深く触れないが連打ライムにおいては、高一致率のフレーズから開始し、徐々に低一致率を挟みながら変奏していく手法がある。
(ライムモーフィングの一種である)

参考


作者の知識の制約

固有名詞を使って韻を踏む場合、挙げられるフレーズの数は語彙力や知識量に比例する。
それゆえに固有名詞ライムや両面素材ライムは、コンピュータが最もアドバンテージを発揮する分野でもある。

例として、オオサンショウウオでライミングする場合を考えてみる。

つまり“他の作者と被らない固有名詞ライム”を繰り出すためには、自分だけの得意ジャンルを絡めるのが有効である。
また得意ジャンルは、ラップやヒップホップなど“競争の激しい分野”(ライマー人口の多い分野)を避けたほうが差別化しやすいだろう。


読者の知識の制約

また固有名詞ライムの生み出す“意味上の効果”は、読者の知識によって変動する。
(音響上の効果は変わらない)

マニアックな固有名詞を使えば、優れた韻として受け取られない場合がある。

このように認識能力には作者同様の個人差があり、結果として読者を選ぶ韻になるからである。

参考


知名度の匙加減

そこで重要になるのが知名度を考慮した固有名詞選び。

自分のくわしいジャンルから探すとはいえ、どこかで一度は耳にしたことがあるような、一般性のある言葉が理想。
“その言葉は思い付かなかった”“その言葉があるのは知っていた”を同時に満たす語が固有名詞ライムの材料としてふさわしい。

たとえばミステリ作家であれば“アガサ・クリスティはよいが、クリスチアナ・ブランドは厳しい”といった具合だが、このあたりの加減は公式化が難しく、各自が場面に応じて判断するしかない。

また、誰も分からないような、知名度の著しく低い固有名詞をあえて使用し、衒学的に煙に巻く手法もある。
しかし優れた韻の条件の“明瞭性”に抵触するので、個人的にはおすすめしない。


履歴

日付 内容
2017.7.21 新規作成
2017.8.2 全体的に見直し
2017.11.1 両面固有名詞ライムに限った話ではないため“固有名詞~”の表記に統一
書き手、読み手などの表現を作者、読者に統一
2018.8.24 公開用に清書

韻韻

from 韻韻

うわさのフォークデュオ...?