このサイトについて

概要と目的

日本語における韻の仕組みや面白さを研究するサイト。

主な目的は、SIXの考えたライミング理論を共有すること。
実作品を例に挙げた分析や、新しい技法の開発にも取り組む。

基本的には“ラップの歌詞で用いられる韻”が研究対象である。
ただし、必要に応じて詩歌など他媒体の韻にも触れる予定。

なお、すべてのコンテンツはSIX個人の趣味によって書かれており、記載内容に誤りや偏りを含む可能性がある。
おかしな点があれば指摘してほしい。


SIX

SIX

ライム研究家。
目標は日本語のライミングによって世界中を唸らせること。

SIX名義で自らラップをする場合もある。


韻韻

韻韻

広報担当を務めるジャイアントパンダ。
韻よりも笹が好き。


連絡先

質問や依頼は下記ページにて受付中。